戦国炎舞ブログ -元軍師の雑記帳-

不定期更新でのんびり書きます。炎舞ID:3004032
<< October 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
スポンサーサイト
0

    一定期間更新がないため広告を表示しています

    - | permalink | - | - | - |
    ラスト確固の可能性
    0
      こないだの天下統一戦で鬼が侘びからの確固使ってて一時期ラスト確固流行ってたけど最近見なくなってきましたね。

      正確な数値は不明ですけど、レベル30で8、9割カットしてるのでかなり高性能な感じ。

      最近うちの連合でも迅雷からの確固の流れを使ってみようってことになったので久々に考察。今の連合では軍師してないのでここにつらつらと書きます。

      まずは流れ。

      3,000万程度の下付キープ。合戦残り1000に迅雷投入。迅雷残り0200から下げ。迅雷残り0030に奇襲で捲り。確固投入。

      前衛はマウントというよりもステ維持を活かしてダメージ優先。ソロ立ちしてくるなら玉砕からの強スキル。一心には騎馬系。要はいつも通りだけど、ダメージレースで逃げ切る意識で。

      後衛は確固前に上げきり、ラストまでの維持用に上げは2,3発温存。確固始まったら下げ中心でペラ狙い。ペラにしたらマウントサポに以降する感じかな。

      迅雷で突き放したら寝るか焦って詰めに起きてくるのでその前にペラにしとくの大事。半端に突き放すと下付譲るだけになるから下付幅は連合よりけりですね。玉砕で抜いたら泣ける。

      鬼とアンドリューの戦いでもそうだったけど、侘び対侘びだと純粋な火力勝負になっちゃうから高火力な相手に対して先に突き放してダメージレースで逃げ切る感じがいいのかな。

      相手の下げをほぼ無効化してるので、上げを上回る下げ。上げさせないためのマウント。が徹底できれば相手はダメ叩けずに終わります。逆に確固使われたら上げまくるしかないので、後衛のスキル保有数次第では確固の時点で勝負が決まり兼ねないと思います。

      こんな感じでしょうか。正直まだそんなに確固使ったことないけど、普通にラスト奥義で使われててもおかしくない性能ですね。
      戦術考察 | permalink | comments(0) | - | - |
      因果応報
      0
        選抜は現拠点が立ち上げ初期で島津に行けないのでお出掛けしてきました。

        結果は島津106退却。個人的には100越えすればよかったので上出来ですね。

        今回から銅銭交換に武将枠追加が追加されましたが、追加したい武将が居ないので私には関係なかった...(´・ω:;.:...サラサラ
        最近あまり新カード引けなくて氷河期気味です。

        そろそろ影なし前衛卒業したいなぁ。

        さて、選抜と言えば合戦ポイントを稼ぐために因果を使う合戦が多かったですね、自分の再確認を踏まえて因果考察します。

        ■前衛編
        まず前衛がやりたいこと。

        ・玉砕からの強スキル
        ・追い打ちフルヒット狙い(ポイント劣性時)

        フルヒット狙いをするかどうかは、突き放しにかかるのかどうかにもよりますが。あとは単純に最大ダメを出したい欲求ww

        最大ダメを狙うタイミングは再度の捲り返しを防ぐために因果のラスト30,20秒くらい、ここでデカいの入れてからマウントへ移行。

        次に前衛がされて嫌な事。
        ・強下げでペラ
        ・玉潰し
        ・立てない
        ・コンボが繋がらない

        敢えて言うまでもないですが要はダメージ取れないことですね。なのでペラったり立てない時は相手の玉潰しの為に風とかを撃ちつつダメージではじめたら攻撃に移行することを意識してます。マウントしないとコンボもなかなか繋がらないので、劣性時に無理して玉砕狙うのも無駄撃ちになることが多いので良くないですね。

        ■後衛編
        前衛の動きを踏まえると、後衛のやることは。

        ・上げ
        ・マウントサポ
        ・コンボサポ
        ・下げ
        ・玉潰し

        基本は上げ重視でいいと思うのですが、状況によっての動き方が難しいです。ラストの班分け同様に因果中も班分けしてあるとここらへんはスムーズに機能しそうですね。

        劣性時は玉潰し、マウント、コンボを考慮すると弓よりも奇襲を撃った方が良いかもしれません。捲りの時にコンボ繋がらないと結構ショックなので。弓の連射はよくやってましたが、コンボ繋ぎを意識したことはなかったので、次機会があれば試してみようと思います。

        上げはタイミング決めて全上げ1発、後は適当に鼓舞とか。強下げのタイミングは劣性時の捲り開始前に2,3発撃ってから離間等でマウントサポに移行。突き放しできたら弓多めで強下げを撃つとかかな。

        ■総括
        五右衛門さん、因果明智下さい。(切実
        戦術考察 | permalink | comments(0) | - | - |
        真田討伐続編。
        7
        フレと回って割と安定してきたので整理。

        ◆デッキ
        奥義:和議
        攻撃:敵中(あるだけ)、玉砕(あるだけ)、鬼十字、一閃(15〜20)
        補助:覚悟、天下、西国、鬼神、豪気、戦国大名ww
        回復:音色(2)、不撓(12)

        まずデッキですが強スキルは敵中、玉砕、鬼十字。本当は蜻蛉も積みたいけどゆっきーはブレイク時間がとても短くって『10秒くらい』?なので強スキル色々積んで2ページ目に玉砕がいくと焦って失敗する可能性があがります。なので僕の場合は必要最低限の構成一閃が2種あるので片方使い切ると1ページ目に全スキルが収まるようにしてます。んで不撓ですが12もあれば十分。大体9、10発位で良いダメージ出てくれます。カンストかどうかはわかりませんww

        野良でたまに見かけるのですが刹那とかのコンボ数加算系はブレイクのタイミングがずれるみたいなのでやめたほうが良いです。おそらくですが「攻撃数60」でブレイクするので刹那だったりコンボの速度合わずに同じ人が連続で攻撃すると60から前後してしまうので注意が必要。

        ◆流れ
        和議即入れ
        発動までにコンボ40と不撓7回
        和議発動
        一閃連打と不撓2回
        コンボ数60を確認後、音色
        玉砕→敵、鬼
        音色
        玉砕連打

        音色のタイミングはフレなら合わせたり自分のAP状態で使っても問題ないと思います。全上げがない前提なら殆どみんな同じようなAPのはずなので。

        ◆戦績
        50回ほど討伐成功しましたが1枚も落としてくれませんwww
        Sじゃなくても落ちるらしいのですがやっぱりSの方が落ちる確率上がったりするのでしょうか?まあA判定しか出せないから数こなすしかないんですけどねー。


        戦術考察 | permalink | comments(0) | - | - |
         1 
        RECOMMEND
        PR
        CATEGORIES
        SELECTED ENTRIES
        ARCHIVES
        RECENT COMMENTS
        MOBILE
        qrcode
        LINKS
        PROFILE
        OTHERS