戦国炎舞ブログ -元軍師の雑記帳-

不定期更新でのんびり書きます。炎舞ID:3004032
<< March 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
バジリスクコラボ
1
◆バジリスクコラボ
アニメーションがもっさり過ぎて剣閃なのにサクサクできない。

イベカードの「天膳」は全前で使えそうだし、
「豹馬」も風に補助枠なので補助要員として使えます。

肝心の「弦乃介」は、、、

原作知らないけど、原作ファンはがっかりしてそう。


◆合戦
最近あんまり出れてないんですが、
侘びゲーから後衛ゲーに回帰しつつありますね、
金環登場のせいだと思いますが、
これって後衛消費半分で使われたら
ラストずっとペラ、、考えただけで恐ろしい、、

噂では確固すらも貫通するらしいので、
全前の鬼謀みたいな使われ方するのかな。


◆限界突破追加
SSR極意はいいかな、、私には無縁の世界です。

SRの注目キャラをピックアップします。

『19甘粕」
剛毅追加。
ますます前衛デッキから外れにくくなりました。
ただSSRの気炎小島、最上が居るとやっぱり微妙な立ち位置。

『17村上』
覚悟追加。
全前以外でも使いやすくなりました。
個人的には極点は通常でもかなり使えるスキルだと思ってますが、
補助の関係で入れにくかったのが一気に解消されました。

『17内藤』
黒風追加。
貴重な補助枠のみ智将なのでもともと有用でしたが、
さらに使い勝手が良くなりました。
後衛でも使えるし、攻城でも使えるので、
個人的には冥護継承させたいです。

『16出雲』
前回数プラス1。
一心と不撓の回数プラスはありがたい。

ここからは少し残念キャラ。
※使えないわけではないです。

『19柴田』
回数増えないので弥太郎に差をつけられました。
但し、攻値は高いので一線級には変わりません。

『17破砕蜂須賀』
柴田と同じ。
前回数プラスされるかなーと期待してましたが残念。

『17藤林』
五行追加。
今度こそ宵闇、、と思いましたがそんなに甘くなかった。
でも純粋に強化されているので相変わらずの使いやすさ。


◆軍師
合戦に出れていないのもありますが、
いまいち上手くできていない気がします。

今度頭の中の整理を兼ねて軍師について色々書きます。

更新時期は未定です。
雑記 | permalink | comments(0) | - | - |
第二回同盟戦
1
途中ですが。感想。

領地がひとつ増えたこと、領地マッチングなくなったこと、この2つで一気に戦略性が無くなりましたね。

ただガチャ券貰えてマッチングの仕組みが悪いだけのイベになってしまった気がします。

領地が8つになり初日の空白地の取り合いの際に敵対国がいなかった武田が傍観。そして戦局のコントロール権を完全に掌握してしまいました。

混戦にするなら各同盟が最初の手持ちの領土を無視して奪い合う必要がありましたが、どの同盟も領土確保を基本戦略としたため初日で流れが決まりましたね。

こうなると作戦会議はほぼ無意味だと思います。

第一回でマッチングの悪さは確かにありましたがそれでも十分楽しめたので今回は改悪だと思います。残念です。

ちなみに私は北条ですが、ロビにも掲示板も見てなくて行き先は盟主任せです。

夜中しかまともに出来無いので作戦に混ざれず悶々とする気がしたので最初から参加を諦めました。余裕があれば参加したかったなぁ。
雑記 | permalink | comments(0) | - | - |
炎舞の合戦
1
選抜お疲れ様でした。

通して軍師をしましたが、最後の合戦で少し嫌な気分になりました。

私の読み違いでやばいなーと思いつつ軌道修正を怠ったのが敗因なのですが。

合戦敗けたときに、



前衛の悪口を言う後衛。

後衛の悪口を言う前衛。



合戦の前後は鏡です。それを解ってない人とは一緒にやりたくありません。

スキルは無尽蔵じゃありません。APも無尽蔵じゃありません。合戦通して完璧な動きができる人はいません。軍師の指示を完璧に理解してる人はいません。

みんな同じはずなのに人のせいにするなんて最低です。

こんな簡単な事になんで気づかないのでしょうか。

ゲームなので楽しみ方は人それぞれですが、自分一人が楽しければ良いんだったら他のローカルゲームやって下さい。
雑記 | permalink | comments(0) | - | - |
8凸、極意追加
2
そろそろ来るかなーと思っていたら来ましたね。

8凸、極意追加情報。

一番の目玉はSSR20女加藤でしょうか。敵中餌筆頭でしたが一気に一線級になりましたね。こいつ一人いれば他の敵中キャラはもう要らないです、でも高コスト8凸なんて重課金かよほど運が良くないと無理ですね。私には一生縁のない話でしょう。

そしてSR。予想外に良強化が多い気がします。

18服部。
まとめさんも書いてましたが私も宵闇期待してました。期待して猛追入れてフル覚醒させてましたが読みが外れました。前回の17家康影武者で期待したんですけどねー。残念。

17弥太郎。
懸念だった前回数も増えてしかも破砕追加でかなり使いやすいですね。攻値は低いですが補助2つに玉4発は強いです。

17馬場。
予想していた人が多そうな覚悟。こいつも攻値低めですが、補助2つ、前空きで宵闇継承先にいいですね。

18太原。
まさかの鎌鼬。個人的には19秀忠の上位版です。旋風と鎌鼬ならコスパで鎌鼬が上だと思います。前回数が増えないのが残念ですがそれでも十分な強化。

そのほか全体的に計略強化が目立つ気がしますね。

明日からの選抜は久しぶりに軍師をすることになったので、選抜終わりに久しぶりに軍師考察でも書こうと思います。



雑記 | permalink | comments(0) | - | - |
第一回統国同盟戦
1
同盟戦お疲れ様でした。まずは上杉軍の皆さま優勝おめでとうございます。

戦国時代っぽいイベントで結構盛り上がったんじゃないでしょうか。ロビでも同盟グループとかできていて普段交流のない人と交流できる良イベだったと思います。

盟主に行き先を委ねていましたが、軍師をやっていたらきっと同盟ロビに首を突っ込んでいたと思います(笑)

折角なのでざっと履歴を解説。
※あくまでも私個人の推測です。

◆初日
どこも僅差ですが、意図を感じられる戦場はふたつ。ひとつめは武田の制した『越中』。おそらく第3合戦あたりで取りに来た印象です。もうひとつは上杉の制した『上野』。こちらは北条も取りに来たんじゃないでしょうか、争奪ポイントでみると第2合戦からすでに一部の連合で統一が図られているのかな?履歴は3戦トータルなので正確なところは読み取れませんが、いずれにしてもどこの同盟も初日のうちにある程度まとまっているのが伺えます。

◆2日目
甲斐:上杉vs北条
信濃:上杉vs北条
越後:武田vs北条
越中:武田vs北条
相模:上杉vs北条
武蔵:武田安定
上野:上杉vs武田vs北条

北条が他の2軍に比べると分散している印象です。まだ2日目ということで敢えて狙いを絞らない作戦でしょうか。上杉は『信濃』を固めに来ているのが伺えます。『上野』を主戦場に捉えつつ、『越後』『相模』を牽制。武田は『越後』『武蔵』を固めに来ていますね。いずれの軍も『上野』を主戦場としていますがまだまだ僅差です。

◆3日目
甲斐:上杉vs北条
信濃:上杉vs北条
越後:武田vs北条
越中:武田vs北条
相模:上杉安定
武蔵:武田安定
上野:武田安定

武田が『上野』を取りに来ていますね。他の領地に比べて明らかにポイントが増えているのでおそらく一点狙いでしょう。そして、上杉が『信濃』を固めつつ『甲斐』を狙い始めました。『相模』にも防衛線を張っていましたが2軍が攻めた形跡はありませんね。これは上杉にとってかなりのプラス要素だと思います。北条は『甲斐』を固めつつ『越中』を狙い始めたようです。

◆4日目
甲斐:上杉vs北条
信濃:上杉安定
越後:武田vs北条
越中:武田vs北条
相模:上杉安定
武蔵:武田vs上杉
上野:武田安定

『越中』に武田、北条共に注力していますね、特に北条は4日目の主戦場にしていた気がします。上杉は『甲斐』を牽制しながら『武蔵』『上野』に攻め入っていますが、『上野』は先日の武田総攻撃の影響で依然として武田有利。4日目のポイントは『上野』でしょうか、ここにきて初めて『上杉vs武田』の戦場が発生。これにより武田は上野に意識を向けざる得ない状況になったんじゃないでしょうか。

◆5日目
甲斐:上杉安定
信濃:上杉vs北条
越後:武田vs北条
越中:武田vs北条
相模:上杉安定
武蔵:武田安定
上野:武田安定

上杉が『甲斐』を一点突破。北条を一気に突き放しています。対する北条は『信濃』に突撃しますが、失敗。上杉が築き上げた牙城を崩せませんでした。これにより北条が失速。武田は『武蔵』『上野』を固めつつ、『越後』を狙い北条の領地を奪っています。5日目のポイントはなんといっても『甲斐』と『信濃』ですね。そしてもうひとつのポイントは『上野』『武蔵』、武田が上杉の進軍を警戒して防衛線を張りましたが上杉が別の戦場を主戦場にしたため武田が上杉に翻弄された形になっています。

◆6日目
甲斐:上杉安定
信濃:上杉安定
越後:北条安定
越中:武田vs北条
相模:上杉安定
武蔵:武田安定
上野:武田vs上杉

上杉が『上野』一点狙いしていますが武田が警戒を解いていなかったので抑え込まれています。対する武田は『上野』『武蔵』を防衛しつつ『越中』突破。北条も防衛線を張っていましたがその上を行きましたね。そして北条は『越中』防衛しつつ『越後』突破。武田の隙をうまくついて領地奪還しています。領地数は上杉と武田が並んでいますが争奪ポイントで一気に差を広げて上杉が見事優勢を勝ち取りました。

◆総括
最終日は『武田vs北条』『武田vs上杉』の構図になり領地数の並んだ上杉にとって敵対が武田のみとなったのが勝因でしょうか。

各軍の戦術を分けるとすると、上杉は早めに領地を確保、狙うときは牽制しつつ一点突破の攻撃型。武田は領地防衛をメインに拡大を図った防御型。北条は全体を見ながら隙を探る分散型。かな。下は各軍の各領地の日程通しての争奪ポイントの平均値の最大値と最小値なのですが。上杉が最小値が最も低く、逆に北条が最も高いです。

軍:領地平均最大-最小
上杉:43,014-17,068
武田:44,642-19,612
北条:38,346-21,050

あくまで結果からの推察なのでこの正しいとは限りませんがどの軍もそれぞれ別の攻め方をしていてとても面白い結果になっていると思います。3拠点を収めて争奪ポイントを稼ぐのか。領地を盤石にしつつ拡大を図るのか。はたまた布石を打っておき一気に回収するのか。攻め方が何通りも考えられ軍師の特徴がでるイベントでしたね。私は途中で考えるのを諦めましたが、ルールまで絡めて考えるとおそらくパニックです。(笑)

例えば全前領地は優勢になっても『無欲』で他の4倍稼がれるので防衛には不向きだったりとか。攻めやすさ、守りやすさを考慮しながら戦術を立てるとまた違った道が見えるかもしれませんね。

各軍の指揮をとった軍師の皆様、本当にお疲れ様でした。おかげでとても楽しいイベントになりました。
雑記 | permalink | comments(0) | - | - |
 1 >>